好きな女を落とすメール4つの心掛け

好きな女性を落とすにはまず女性に好かれなければなりませんね
どういうメールを打って送れば好かれるのか、よくわからないと迷っている男性は結構多いです。

ここでは女性に好かれやすくなるメールの打ち方を教えますね。


余裕を持ったメールを

男性が良くやる過ちとして、好かれよう好かれようと焦燥するあまり、かっこつけすぎたクサイメールを送って、相手に好意を持ってもらおうとすることです。

はまればそれなりに威力を持ち成功することもあるかもしれないですが、だいたいはナルシストな、ちょっと気持ちの悪くウザがられるメールになってしまいます。
惚れられようと頑張ってみたのに、女性に引かれてしまうじゃ悲しすぎますよね。


リズミカルで軽快なメールを心がける

相手に心地よいと思わせる相手に合わせたリズムの良いメールを送るようにしましょう。
女性は基本即メールを好みます、待つ不安を嫌がるのです、速度を愛のパラメーターと思っている女性もいますので
早ければ早いほど優しい人と脳内変換されたりもしています、それ+「今日冷えるから風邪ひかないでね」などその季節のタイムリーな心配をしてあげると
ほんわかあたたかい気持ちになったりするようです。
メールでは気持ち良いコミニュケーションの取れる男だというのを見せましょう。


付和雷同(ふわらいどう)な同調メールを

よくハート絵文字を使うのか、デコメを使うのかなど迷われている男性が多いですが
解決策は簡単です。この辺りは、相手のやり方に合わせましょう。
メールのテンションは「女性のテンションよりほんの少しだけ高め」を、量は「相手と同じくらいの量(もしくは少し少ない量ぐらい)」を目安としておくとより効果的です。


+1の重要性

ついつい簡単な返事だと、「了解。」だとか、「サンキュ」と変身してしまいますが、そこに+1を加えるだけで
かなり優しい印象になります。

たとえば
「了解!楽しみだねー。」
「ありがとう。嬉しかったー。」といった簡単な返事でだいぶ印象が変わります。


好きになってもらうメールまとめ

大切なのはコミュニケーションをちゃんとやる気があるのか?
という一点です。
SMのSでもそうですが、勘違いしたSというのはM女性からモテませんし相手にもされないです。
コミュニケーションは互いの意思疎通が重要です、どうやれば相手が気持ちよくなるのか?
日頃からよく観察し、実践するのがメール上達の鍵ですね。


関連記事女性のメール心理
上達したら実践で練習してみる
出会いならハッピーメール

2011年4月27日

このページの先頭へ

日産の電気自動車