NHK恋する日本語「恋の病」阿伽陀(あかだ)恋風(こいかぜ)遠近(おちこち)

挿入歌の宇多田ヒカルPrisoner Of Loveが光っていました。
ゲゲゲの女房の倉田さんと喜子ちゃんの共演、観世喜正先生の登場にびっくり!

阿伽陀(あかだ)

あらゆる病気を治すという霊妙な薬。阿伽陀薬(あかだやく)
万病に効く薬は、身の回りにあるのです。

ドキドキ体験?!! 秘密の恋愛はコチラ



恋風(こいかぜ)

恋心のせつなさを、風が身に染みるのにたとえていう語。
「冬の夜の―ぞっと身に染て」〈魯文・高橋阿伝夜叉譚〉
最強携帯出会い★イククル無料登録

遠近(おちこち)

遠い所と近い所。あちらこちら。
「鶏の声も―に聞こえる」〈藤村・千曲川のスケッチ〉
将来と現在。昔と今。
「またまつく―兼ねて言(こと)は言へど逢ひて後こそ悔いはありといへ」〈万・六七四〉

ドキドキ体験?!! 秘密の恋愛はコチラ

あらすじ

青い小鳥のいる不思議な店。マダム(余貴美子)は、今ではあまり使われなくなった美しい「ことば」を集めている。恋に悩むゲストヒロインは紺野まひる。▽小山薫堂・原作
シングルマザーの青夏(紺野まひる)は、娘の深冬(松本春姫)とともに、「ことのは」を訪ねてきた。「恋の病に悩んでいるの」と幼い深冬。「恋の病とは、やっかいなもの」とマダム(余貴美子)。「臆病(おくびょう)」も、もしかしたら“恋の病”のひとつなのかもしれない。恋の病の話から、さらには、恋に落ちた時のトキメキまで話は広がってゆく。しかし、本当のお悩みは、ほかにもあるようで…。

やっとみれた恋する日本語なかなかおもしろかった 前半はメモりたい言葉いっぱい出すぎてメモメモに追われてた



出演
紺野まひる,余貴美子,窪田正孝,松本春姫
スタッフ
【原作】小山薫堂,【脚本】村上桃子

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年2月25日 | コメント/トラックバック(5,300) |

カテゴリー:モテる女

このページの先頭へ

日産の電気自動車